毛染めは危険?トラブルを起こさないために

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

毛染めで皮膚トラブル相次ぐ 定期的なパッチテストが必要 とテレビやネットでニュースになっていました。

毛染め

何でも消費者庁には、2010年度以降のおよそ5年間で、1,000件を超える被害相談が寄せられ、そのうち、およそ170件は、1カ月以上の重症だった。とのこと。

毛染めというとサロンと自宅でする方法がありますが、ニュースの中では自宅で毛染めを行って重症になってしまった例をあげていて、皮膚トラブルはほぼ自分で行った場合だけのような感じを受けました。

でもサロンで染めた場合もトラブルがあるのは当然。

ただサロンの場合、違和感があれば美容師さんにすぐ伝えることができるので、そこまで重症化しないのかもしれませんが。

誰しも自分だけは大丈夫だと思ってしまうのが痛いところです。

しかし1,000件を超える被害相談ということは氷山の一角で、実際はこの数字よりもっと多いはずだと思います。

毛染めを全て自分でやるため誰にも言えず自分だけで解決しようとしているのではないでしょうか。

毛染めは簡単にできるもの?

コマーシャルなど見ているとおしゃれ感覚で塗って洗ってハイ終わりといった気軽なイメージですが、早くしっかり長く染まるものほど慎重にならなければいけません。

毛染めで危険性があると知られているのは『パラフェニレンジアミン』や『トルエン-2.5-ジアミン』といったジアミン系の成分で、カラーリングやヘアダイと呼ばれる永久染毛剤に配合されているからです。

その永久染毛剤とは   

永久染毛剤は酸化染毛剤と非酸化染毛剤に分けられます。

酸化染毛剤は色持ちが2ヵ月ぐらいですが、ジアミン系の成分配合されており、かぶれの心配や髪の傷みもあるのでパッチテストは毎回必要になります。

非酸化染毛剤は酸化染毛剤にかぶれやすい人でも使用できる場合がありますが、黒色に近い色、パーマがかかりにくい点、色持ちも1ヶ月ぐらいとなります。

  • 医薬部外品
    • 永久染毛剤
      • 酸化染毛剤 →ヘアカラー、ヘアダイ、白髪染め、おしゃれ染めなど
      • 非酸化染毛剤 →オハグロ式白髪染め
    • 脱色剤、脱染剤
      • 脱色剤 →ヘアブリーチ、ヘアライトナー
      • 脱染剤 →ヘアブリーチ
  • 化粧品
    • 半永久染毛料 →ヘアマニキュア、酸性カラー、カラートリートメントなど
    • 一時染毛料 →ヘアマスカラ、ヘアファンデーション、ヘアカラースプレーなど

パッチテストは毎回必要?

毛染めにパッチテストをするほどではないと思っている方も多いでしょう。

アレルギーは今までお肌に異常がない人にも突然あらわれるため、常に気を付けなければいけません。どんなものでも安全というものはなく、自分の身体が拒否を起こしてしまう可能性があるからです。

日本ヘアカラー工業会によるとパッチテストはテスト液を塗ったあと、30分後と48時間後の2回観察する必要があるとしています。即時型アレルギーの反応と遅延型アレルギーの反応をみるためです。

ということは、毛染めをする2日前にはパッチテストをしておかなければいけません。

ん~このパッチテストが大切だとわかっていてもしてない人が多いのは、この時間がかかることが理由ではないのでしょうか。

だったら色持ちや色具合や手間がかかっても、出来るだけアレルギーがでにくい毛染めを使うしかないのではと思います。

でも全てにアレルギーがでないということではないので、やはりアレルギーが出にくい毛染めでもパッチテストは必要なのです。

全ては自己責任で、後悔するかしないかはあなた次第ということになります。

日本ヘアカラー工業会より 皮膚アレルギー試験(パッチテスト)の手順

り・び ショップで販売している毛染め

 マロンマインドカラー

一般の白髪染めが使えない方に◆マロンマインドカラー (1剤・2剤各70g×3)」は

ジアミン系が入っていない非酸化染毛剤に分類されます。

簡単でよく染まるので私も使っていますが、さすがに毎回はパッチテストしていませんでした。

偉そうに書いておきながら、販売者としても、一使用者としてもこんなことではいけませんね。反省しきりです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です