あなたの薄毛や白髪は鉄分不足が原因かも!貧血を解消するには

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

貧血によるゆがんだ風景

鉄分不足で起こる病気といえば貧血。でも現れる症状は様々で、すぐに貧血だとは気付きにくいものです。

また、ゆっくりゆっくりと進行するので、気付いたときには重症化していたりすることも。

そんな困った貧血にならないためには、どうすればいいか見てみましょう。

鉄分のはたらきを知ると、体と髪に重要だとわかる!

鉄は血液中の赤血球の中にあるヘモグロビンに含まれています。

ヘモグロビンは、

たんぱく質の一種で、主に鉄を含む「ヘム」、たんぱく質でできている「グロビン」からできています。

ヘモグロビン

「ヘム(鉄)」は酸素とくっつきやすく、体全体に酸素をおくる働きがあり、細胞が活性化します。

また、この「ヘム(鉄)」は赤色素を持っているため、血液も赤色をしています。

さらに「ヘム(鉄)」には機能鉄と貯蔵鉄と二つに分かれます。

機能鉄は、全体の60~70%で、全身に酸素を送ります

貯蔵鉄は、残りの20~30%で、肝臓・脾臓・骨髄に貯めています

機能鉄が優先して使われますが、足りなくなると十分に酸素を送ることができないので、内臓に貯めている貯蔵鉄を使って血液中へ送り出します。

この貯蔵鉄も不足した状態が「鉄欠乏性貧血」になります。

貧血の軽いうちは、まだ貯蔵鉄に残っているので、症状はそれほど重くありません。

しかし貯蔵鉄の量がなくなると酸素が送れず、細胞分裂の機能が低下し、重症化してしまいます。

その薄毛や白髪、もしかすると鉄分不足かも!

鉄分の不足は酸素不足をひき起こし、髪をつくる毛母細胞の分裂もさまたげてしまいます

当然のように、髪にハリ・コシ・ツヤがなくなり、さらに抜け毛や薄毛、白髪になってしまうこと。

髪を育てるには、血液の流ればかりでなく、血液の質にも充分目を向ける必要があるのです。

貧血というと、鉄の量がもともと少ない女性が目立ちますが、男性にも貧血の人が多いことがわかっています。

また男性の場合、鉄分不足というより重い病気が関係していることが多いため、貧血の症状があれば病院で診てもらった方が安心です。

貧血の症状は?

当てはまるものが多ければ、貧血または貧血予備軍になっているかもしれません。

●疲れやすい、だるい、めまい 、眠気

●冷え、風邪をひきやすい、動悸・息切れ、顔色が悪い、イライラしやすい

●肩こり、頭痛、耳鳴り

●のどがつまりやすい、氷など硬いものをかじりたくなる、口角炎をおこしやすい

●抜け毛・パサつき、髪にコシがない、肌が乾燥しやすい、爪が白い、爪が割れやすい

ちゃんと食べているのに、なぜ鉄分は不足するの?

栄養管理をしているつもりでも、鉄分が足りなくなることがあります。

鉄分を含む食材の中には、吸収されやすいものと、吸収されにくいものがあるためです。

吸収されやすい鉄「ヘム鉄」

動物や魚に含まれている鉄分。吸収率10~30%

牛レバー、牛肉、いなご(佃煮)、煮干し、干しエビ、しじみ、牡蠣、卵黄など

吸収されにくい鉄「非ヘム鉄」

野菜や海藻などに含まれている鉄分。吸収率1~8%

青のり、岩のり、きくらげ、きな粉、パセリ、切干大根、カレー粉、こしょうなど

日本人が食事から摂取する鉄分は、約85%以上が野菜や海藻などに含まれている吸収率の低い「非ヘム鉄」だそうです。

と、いうことは食事を変えれば良いのかもしれませんが・・・。

効率よく鉄分を摂るには?

鉄分補給を考えると、吸収率の高い「ヘム鉄」の食品ばかり食べればいいように思うかもしれません。

しかし、吸収率の低い「非ヘム鉄」の食品も同じように摂ることも栄養面では大切なのです。

吸収されにくい「非ヘム鉄」の食品は、ビタミンCやクエン酸などの果実酸によって、吸収が高まることが分かっています。

料理の組み合わせを変えたり、食事に果実のジュースをプラスする工夫をしてみては。

あと、バランス栄養食のシリアルも良いかと思います。アメリカでは、ほとんどのシリアルにたくさんの鉄分が含まれて、1日の摂取量を100%シリアル1食分で満たしているそうです。

効率という点で優れているのが、鉄分を含んだサプリメントや鉄剤です。ただし鉄分の過剰摂取を起こす可能性もありますので、摂取量には気を付けてください。

ほかには、調理器具からも鉄分を摂取できます。

カンボジアでは、「ラッキー・アイアン・フィッシュ」と呼ばれる、魚の形をした鉄の塊があります。具材と一緒に鍋に入れて10分程煮こむだけで鉄分を摂ることができます。

日本でも昔、同じような鉄の塊がありました。今でもネットや金物屋さんで色んな形のものが販売されているので使ってみてはいかがですか。

南部鉄器

最後に南部鉄器という「鉄のやかん」、鉄鍋・鉄のフライパンなどもあります。鉄製品で調理すると鉄分が摂れるなんて、一石二鳥ですね。

日本人はその昔、肉食ではなかったので、自然な形で無理なく鉄分を摂れるようにしたのでしょう。

体や髪のためにも、鉄分不足にならないよう気を付けてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です