パナソニック プロ リニアバリカン ER-GP80

パナソニックプロリニアバリカンER-GP80

2015年9月、ついに出ました! 「パナソニック プロ リニアバリカン ER-GP80

2009年にER1610が発売されて早6年、待ちに待った新型モデルが登場しました。

このバリカンはER1610の後継機として今回日本で発売されましたが、実は海外では数年前すでに出回っていたのです。

なぜパナソニックは日本での発売を遅くしたのでしょうか?

私はER1610の人気が衰えることがなかったからなのではと思うのですが、本当のところはどうなのでしょうね。

何はともあれ海外でも人気がある?ようで「ER-GP80」の紹介動画がありましたのでご覧ください。

バリカンの中の仕組みも見れますよ~

外箱と、もちろん取説は日本と違っています。日本の外箱は白です。

ER-1611は日本のER-1610と同じだと思います。 外観だけですが比べてみると違いが分かりますね。

丸刈りをしている動画があればもっと分かりやすかったのかも知れませんが、動きがある分雰囲気は伝わってきます。

前機種ER1610との違いは?

1 毛の量が多くてもパワーが落ちない

バリカンのセンサーが自動的に判断して、パワーを一定に保つという機能があります。

2 スリムグリップで色々な持ち方が出来る

バリカンの後尾が細くなっているので、角度をつけてカット出来るということです。 理美容師さんは、襟足などトリマー(バリカンより小型)を使うことが多いですが、このバリカンは逆持ちで襟足も剃ってしまう技が出来ます。

3 約245gと軽くなりました

ER1610が265gでしたから20g軽くなったということですね。 20gといえば単三電池(約23.5g)よりちょっと軽いくらいの重量になります。 たかが20gですけど手の疲れを考えればこの差は大きいでしょう。

4 海外での使用についての記載

これはER-GP80の取扱い説明書に書いてあったのですが、海外での使用についての記載がありました。たしかER1610の取扱い説明書には書いてなかったように思います。

海外で使用できるかパナソニックに問い合わせが多かった?ので載せたのかも知れません。

ちなみに「ER-GP80は100~240V対応A-2プラグ仕様です。A-2プラグ以外の地域では、プラグアダプターを別途準備してください。」と載っています。

また「プラグアダプターは電圧の変換はできません」とあるので、変圧器も用意しなければいけません。

地域によってプラグの仕様が違うのでご確認ください。

ER-GP80の詳しい説明とお買い物は

送料代引無料◆パナソニック プロ リニアバリカンER-GP80-K(人用) をご覧ください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 矢藤孝 より:

    刃のはずし方をおしえてください。

    • ribishop より:

      刃の外し方
      1 スイッチは切っておきます。
      2 バリカンの刃先に片方の手を添えます。
      3 刃を図のように指で押すと外れます。