おせち料理は髪に良い?

お正月の料理といえばおせち料理ですね。

おせちは縁起物やお正月の間食べられる料理として知られていますが、それ以外に髪の健康に役立つ料理だともいわれています。

おせち料理

なぜ髪の健康に役立つのか?

それはタンパク質・ビタミン・ミネラル・脂質がバランス良く摂れるからです。

とは言っても日持ちに耐えるような濃い味付けはすぐに飽きてしまいますし、何より塩分や糖分の摂り過ぎにもつながるのでいつも食べるという感じにはならないかと思います。

ですが日頃から糖質や脂肪の多い食事になりがちな方は、せめておせち料理の素材に目を向けて今後の食生活を見直すきっかけとしてみてはいかがでしょうか?

おせち料理は、まごわやさしい料理である

「まごわやさしい」とは、和食に使われている食材の頭文字をつなぎあわせた言葉です。

この食材を使った料理は栄養のバランスがよく健康食としても優れています。昔の日本人なら誰しも毎日食べていました。

その代表がおせち料理だったのです。

黒豆、昆布巻、田作り、煮しめの椎茸・里芋・人参など見慣れた食材ですが、こうしてみると奥が深い料理だったのですね。

まめ類

●ま 豆類 豆腐・大豆・納豆など。
高たんぱく質、ビタミン・ミネラル・食物繊維が豊富で、生活習慣病予防に良いとされています。

●ご ごま
たんぱく質・脂質・食物繊維・カルシウム・ミネラルが豊富で、血中のコレステロールを減らす作用があります。

●わ わかめなど海藻類
たんぱく質・ビタミン・ミネラル・食物繊維が豊富で、新陳代謝の活性化、体の抵抗力を高めるため老化予防に良いとされています。

●や 野菜
ビタミン・ミネラルが豊富で、特に緑黄色野菜はビタミンAが多く皮膚や粘膜の抵抗力強化に良いとされています。

●さ 魚
たんぱく質・脂質・カルシュウム・鉄分が豊富で、脳の働きや血液をサラサラにする働き、疲労回復に良いとされています。

●し しいたけなどきのこ類
ビタミン・食物繊維が豊富で、カルシウムの吸収を助けて定着させ、骨を丈夫にします。

●い いも類
炭水化物・糖質・ビタミン・食物繊維が豊富で、便秘予防や皮膚の代謝を活発にしますので、お肌に良いとされています。

まごわやさしいを簡単に摂るには?

髪や健康に良いとされる「まごわやさしい」食材もいざ料理をしようとするとレシピによっては全部使えない場合があると思います。

そんなときは、大雑把に煮物・汁物を考えるといいかもしれません。

煮物は野菜・イモ類・高野豆腐(大豆)・魚の練り物などで仕上げにゴマを振る。

味噌汁だったら豆腐やワカメ・じゃがいも・葉野菜・椎茸を入れたり、鍋物だったら魚・野菜・きのこ・豆腐などが使えるかと思います。

できたらあと一品、ほうれん草などのおひたしがあれば、ゴマもばっちり使えるので完ぺきなのですが・・・。

全て和食にするってなかなか難しいですが、体や髪のためにも和食を続けていきたいですね。

頑張りましょう~

おせち料理

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする