抜け毛にも良い!シナモンとはちみつ驚きの効果とは?【症状別編】

シナモンとはちみつは抜け毛良い? ■髪の悩み

「シナモンとはちみつは一緒に摂ることで相乗効果が生まれ、抜け毛をはじめとするあらゆる病気に効果があるのです。」

 

関節炎、抜け毛、膀胱炎、歯痛、コレステロール、風邪、不妊、胃の不調、心臓病、免疫疾患、消化不良、インフルエンザ、長寿、吹き出物にきび、皮膚感染症、ダイエット、ガン、疲労、口臭、難聴など。

 

と、これは前回に書いたので、初めての方は

 抜け毛にも良い!シナモンとはちみつ驚きの効果とは?【導入編】」をご覧ください。

 

私の場合、母のリューマチによる手の痛みを少しでも改善できればと思い、シナモンとはちみつを勧めたのがはじまりでした。

 

毎朝、「指の関節が痛くて物を持つことができない」と嘆いていた母が、1週間を過ぎたあたりから次第に言わなくなったのです。

 

完治までとはいきませんが、痛みを和らげていることは確かだと実感しました。

 

ここでは症状別の使い方を書きましたが、シナモンとはちみつは何でも良いという訳ではなく、また使用してはいけない人もいるので気をつけてください。

シナモンとはちみつを使用する前に注意すること

シナモンとはちみつを使う前の注意

1 シナモンは「セイロンシナモン」をご使用ください。

※シナモンにはクマリンという肝障害を起こす成分が含まれているため、含有量の少ないセイロンシナモンをご使用ください。

2 はちみつは非加熱のものをご使用ください。

※はちみつは加熱することで栄養成分が壊れてしまいます。

3 病気で通院中の方や病気をお持ちの方は、かかりつけの医師や薬剤師にご相談ください。

4 下記の方は使用しないでください。

シナモンやはちみつにアレルギーがある方。

妊娠中や授乳中の方。

血液凝固阻止薬(血液凝固を防ぐ、または遅らせる薬)を服用中の方。

1歳未満の乳幼児

5 使用に関しては個人差がありますので、合わないと感じたらすぐに中止してください。

シナモンとはちみつの症状別使用方法は?

●関節炎

コペンハーゲン大学での研究によると関節炎患者に朝食前シナモンとはちみつで治療したところ、1週間以内に200人の内73人が完全に痛みが和らぎ、1ヵ月以内には関節炎のために歩くこともできなかった患者のほとんどが、痛みを伴わず歩けるようになったそうです。

・塗る方法 はちみつ大1とシナモン小1をぬるま湯に混ぜて、痛む箇所に塗ってマッサージします。

・飲む方法 はちみつ大2とシナモン小1をお湯に溶かし、朝と晩に飲みます。

 

●抜け毛

・塗る方法

温めたオリーブオイルとはちみつ大1とシナモン小1をペースト状にして、頭皮に塗って15分から20分放置し髪を洗います。

 

●膀胱炎

膀胱内の細菌をなくし利尿作用をもたらします。

・飲む方法 はちみつ小1とシナモン大2をぬるま湯で飲みます。

 

●歯痛

抗菌作用で虫歯を予防し口臭を抑えます。

・塗る方法  はちみつ小5とシナモン小さじ1でペーストをつくり、痛む歯の上に塗ります。 歯の痛みが治まるまで1日当たり3回、毎日行います。

 

●コレステロール

善玉コレステロールが増やし悪玉コレステロールを減らしてくれます。

・飲む方法 はちみつ大2とシナモン小3を紅茶450gに溶かして飲みます。

 

●風邪

飲むことで風邪の諸症状が緩和されます。

・飲む方法  はちみつ大1とシナモン小1/4をぬるま湯に溶かして3日間飲みます。

 

●不妊

はちみつには精液や勃起に関わっており、シナモンは子宮を強くします。

・塗る方法 はちみつ小1/2とシナモンひとつまみを一日中途切れることなく歯肉に塗ります。そうすることでゆっくりと唾液にまざり体に浸透します。

 

●胃腸不調

胃の痛みや胃潰瘍、胃からガスを取り除いてくれる事が研究結果で明らかになっています。

・飲む方法 はちみつ大1とシナモン小1をまぜて、毎日なめたり食事と一緒に摂ります。

 

●心臓病

動脈のコレステロールを減らし、心臓発作を遠ざけます。アメリカとカナダの老人ホームで動脈および静脈が再生されることを知りました。

・飲む方法 はちみつ大1とシナモン小2をまぜて朝食と一緒に摂ります。

 

●免疫系

はちみつとシナモンを毎日摂取すると免疫系を強くし、細菌やウイルスから体を守ってくれます。はちみつを常用することで細菌やウィルスに対し白血球が強くなります。

 

●消化不良

胃酸過多が緩和され消化不良を助けてくれます。

・飲む方法 はちみつ大2とシナモン少々を食事前に摂ります。

 

●インフルエンザ

スペインの科学者は、はちみつにインフルエンザの菌をやっつける天然の成分があることを証明しました。シナモンと同時摂取する事で早期回復に向かいます。

 

●長寿

肌の新陳代謝を高め、柔軟性を保ち、老化を防ぎます。

・飲む方法 はちみつ小4とシナモン小1をお湯750mlに溶かし1日3~4回、1回あたり125mlを目安に飲みます。

 

●吹き出物

シナモンとはちみつは吹き出物にも効果が

・塗る方法 はちみつ大3とシナモン小1をまぜてペースト状にし、寝る前に吹き出物に塗って、翌朝ぬるま湯で落とします。これを毎日2週間行います。

 

●皮膚感染症

湿疹や白癬などすべてのタイプの皮膚感染に効果的です。

・塗る方法 はちみつとシナモンと同じ量だけ使い患部に塗ります。

 

●ダイエット

血糖値を下げ、脂肪の燃焼を助けます。

・飲む方法 はちみつ大1とシナモン小1をお湯に溶かし、朝食の30分前と寝る前に毎日飲みます。

 

●ガン

日本とオーストラリアにおける最近の研究で、胃と骨の進行したガンが見事に治ったことを証明しました。

・飲む方法 はちみつ大1とシナモン小1を一日に3回、1か月以上飲みます。

 

●疲労

はちみつとシナモンを摂っている高齢者はより機敏で柔軟です。

・飲む方法 はちみつ大1/2とシナモン少々をコップ1杯の水に溶かして、歯磨きの後と午後3時頃に飲みます。1週間続けると体力が回復します。

 

●難聴

聴力を回復させます。

・飲む方法 シナモン小1/2とはちみつ大1を飲みます。

 

これらはあくまでも民間療法ですので、症状によっては医療機関への受診をおすすめします。

違和感を感じたら即中止するようにしてください。

シナモンとはちみつ【症状別編】まとめ

1、シナモンとはちみつを使用するにはいくつかの注意が必要になります。特にシナモンはセイロンシナモン、はちみつは非加熱のものに限り、使ってはいけない人もいます。

2、シナモンとはちみつは症状に応じて使い方も違います。あくまでも民間療法なので、症状によっては医療機関へ受診するようにしてください。

 

私もダイエットと疲れをとるために朝と晩にシナモンとはちみつを飲んでいます。

 

シナモンが飲みにくいのでいつまで続けられるかわかりませんが、前ほど甘いものを食べたいという気持ちが起こらなくなったような気がします。

 

この方法だけでも効果が期待されると思いますが、やはり毎日の生活習慣を見直す方が一番大事なのかもしれません。

 

新たな変化をご報告できるよう、できるだけ続けたいと思っています。

 

抜け毛には、髪と頭皮にやさしいポアソゼロシヤンプーで。

ポアソゼロシヤンプー300ml

コメント