髪と頭皮が元気になる食生活【1】タンパク質不足は切れ毛や脱毛に

髪と頭皮が元気になる食生活 ■髪と頭皮に良い食べ物

最近「髪のツヤがなくなったなあ」とか「ちょっと薄くなった?」などと感じることがありませんか?

 

歳だから仕方ないと思っているとそのまま老化が進むわけですが、少しでも気を付けてみようと思う気持ちがあれば髪は応えてくれます。

 

漢方では髪のことを「血余」といい、体中に流れている血液の余りが髪の毛のもとになっていると考えられています。

 

体あっての髪ですので後回しなのは仕方ないですが、それだったら髪まで栄養が届くようにすればいいのです。

 

早速、髪に良い食生活はどういうものか調べてみました。

 

髪には良質なタンパク質が必要

髪はケラチンというタンパク質からできていて、そのタンパク質は18種類のアミノ酸が集まってできています。

 

そのアミノ酸の中で一番多いのが「シスチン」という成分で、この「シスチン」は必須アミノ酸「メチオニン」によってつくられます。

 

必須アミノ酸は体内で合成されないため食事から摂らなければいけません。これは髪を元気にするために食事が大事だといわれる理由のひとつです。

 

食べ物から摂ったタンパク質が胃や十二指腸でアミノ酸に分解されて全身に運ばれ、再びタンパク質のケラチンとして合成されることになります。

タンパク質→ アミノ酸→ タンパク質(ケラチン)髪の材料となるのです。

 

もし何の原因もなくちょっとしたことで髪が切れたり裂けたりしているのなら、タンパク質不足に陥ってるかも知れません。

 

無理なダイエットなど偏った食事を続けていると、切れ毛だけでなく脱毛まで進むことがありますので気を付けてくださいね。

 

必須アミノ酸を多く含む食品は

ほとんどの動物性食品に含まれており、肉類、魚類を主に他には豆類、炭水化物にも含まれています。

 

鶏肉、豚肉、牛肉、牛乳、チーズ、卵、カツオ、マグロ、サケ、イワシ、アジ、大豆、玄米、小麦(全粒粉)、いも類、ナッツ類など

髪に必要な良質なタンパク質

 

動物性食品には良質なタンパク質が多く含まれていますが、食品によっては脂質を摂り過ぎ、髪より先に健康を害することになります。

 

そして脂肪の摂り過ぎは頭皮の皮脂分泌も増やしてしまい、フケかゆみや薄毛などの原因になってしまうのです。

 

何事もバランスが大事で、脂質の多い動物性の食品だけに偏らず、食物繊維やビタミンが豊富な豆類や精製していない穀類も進んで摂るようにしてください。髪や体のためにも良いといえます。

 

良質なタンパク質を摂るには?

タンパク質は良質なものとそれ以外のものがあります。

 

食材のタンパク質と体内のタンパク質は構造が異なり、体内ではタンパク質からアミノ酸、アミノ酸からタンパク質へと再合成されるのです。

 

そのとき食材が良質なタンパク質であるほど、体内のタンパク質と構造が近くなるためはやく再合成でき、良質以外のタンパク質では再合成に時間がかかってしまいます。

 

良質なタンパク質を判断するのには「アミノ酸スコア」が便利です。これで効率よくタンパク質を摂ることができます。

アミノ酸スコア 出典:日本食品標準成分表より

※アミノ酸スコアの数値が100に近いほど良質なタンパク質といえます。

動物性タンパク質 植物性タンパク質
100 肉・魚・牛乳・卵・ヨーグルト
90以上 プロセスチーズ 枝豆・おから
80以上 あさり貝・うに 大豆・豆乳・納豆・木綿豆腐・里芋
70以上 エビ・イカ・タコ・ホタテ 油揚げ・とうもろこし・なめこ
60以上 あわび かぼちゃ・じゃがいも・アスパラガス・

えのき・ピーマン・米・そば・栗・バナナ・いちご

50以上 きゅうり・にんじん・ほうれん草・

キャベツ・アーモンド・みかん・りんご

タンパク質を摂っているからと安心はできません

アルコール好きの方はご注意ください

必須アミノ酸の「メチオニン」は肝臓の老廃物や毒素を体の外に出したり、代謝の働きを助けたりしています。

 

そこへアルコールの過剰摂取があると、メチオニンが肝臓で大量に消費されてしまいます。せっかくタンパク質を摂っても、アルコールのために髪まで栄養が届きにくくなってしまうのです。

 

良質なタンパク質を摂っているのに髪にトラブルがあるのなら、アルコールの量を見直したほうがいいかもしれません。

ミネラルとビタミンが不足していませんか?

タンパク質は下のように最後に再合成されます。

タンパク質→ アミノ酸→ タンパク質(ケラチン)髪の材料

 

その再合成に必要なのがミネラルとビタミンです。

 

ミネラルは 亜鉛、鉄、マンガン。ビタミンは ビタミンB6 が重要になります。

 

髪と頭皮が元気になる食生活【2】ビタミン不足はフケ痒み・抜け毛に
髪の毛には良質なタンパク質が必要ですけど、そのタンパク質だけで髪はできません。 食べ物として体に入ったタンパク質は一度アミノ酸に分解され、再びケラチンという髪の素のタンパク質に合成されます。 そのときに、ビタミン...

 

コメント