髪と頭皮が元気になる食生活【3】海藻は髪を健康にしてくれる

髪に必要なミネラル ■髪と頭皮に良い食べ物

昔からワカメや昆布、ひじきなど海藻を食べると髪にいいと言われてきましたね。

 

私も子供の頃、親から言われてモリモリ食べた記憶がありますが、何も変わらなかったような・・・

 

髪はすべて海藻から出来ているのではないので、海藻だけ食べても髪が健康になるわけないのですが、海藻に含まれる成分は髪にとって大切な役割をすることは分かっています。

 

海藻はミネラルが豊富で、髪の材料になるタンパク質の再合成にも欠かせません。

 

そんな海藻を調べてみました。

海藻は万能な食べ物

海藻は低カロリーで栄養素もあまりないイメージですが、とんでもなく栄養価の高い食べ物だったのです。

たんぱく質、脂質、カルシウム、マグネシウム、カリウム、ヨウ素、鉄、亜鉛、ヨウ素(ヨード)などのミネラル類、β-カロテン、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンC、ナイアシンなどのビタミン類、フコイダンやアルギン酸、食物繊維、フコキサンチンなどの有効成分を豊富に含みます。

ほぼ一通りの栄養素がそろっていたなんてホント知りませんでした。

 

昔の人はこのことを知っていたのでしょうかね、海藻は髪に良いとはあながち間違っていない気がします。

 

髪をつくるタンパク質やミネラル・ビタミン、食物繊維も豊富に含まれているので、おかずが少ないときなど、海藻サラダを一品増やすと栄養バランスが取れそうですね。

 

海藻が髪に与える役割は?

ネバネバ成分が髪を健康にしてくれます。

●フコイダン

髪の毛をつくる細胞(毛母細胞)を活性化させるという成分が含まれています。

 

●コンドロイチン

保水性があり髪に弾力や潤いを与え、頭皮トラブルにも作用します。

 

●アルギン酸

保水性があり薄い膜で囲むので、傷んだ髪のキューティクルの修復に役立ちます。

 

代謝に欠かせないヨウ素が健康な髪を維持します

ヨウ素(ヨード)はミネラルのひとつで、代謝に必要な甲状腺ホルモンの材料となります。

 

甲状腺ホルモンの分泌が少ないと肌がかさついたり抜け毛が多くなったりします。

 

しかしヨウ素の摂り過ぎで排泄機能が追い付かなくなると、今度は甲状腺ホルモンの分泌が多くなり甲状腺機能亢進症という症状がでてしまいます。

 

和食中心の日本人は日頃から出汁や調味料などからヨウ素を摂取していますが、多少摂り過ぎても排せつしてしまうので大丈夫です。

 

ただ、ダイエットのために海藻だけを食べたり、好物だからと毎日大量に摂ったりは、しないようにしてくださいね。

海藻は髪を健康にする

 

まだある、髪や体に良い4つの効果!

●免疫力を高める効果

免疫細胞の中でも重要な役割を担っているNK細胞(ナチュラルキラー細胞)を活性化させる働きがあります。

 

●腸内環境を整える効果

海藻には2種類の食物繊維が含まれ、下痢や便秘の解消に作用します。

 

●動脈硬化を予防する効果

アルギン酸がコレステロールを体外へ送り出し、フコキサンチンが活性酸素を除去、EPA(エイコサペンタエン酸)が血液をサラサラにします。

 

●貧血を予防する効果

豊富な鉄分や吸収を高めるビタミンCが含まれています。

 

まとめ

海藻は低カロリーでたくさん食べても髪が生えてくることはありませんが、こんなにも髪や体の栄養に関わっていたとなると、毎日少しづつでも摂らなければいけませんね。

 

髪と頭皮が元気になる食生活【4】根野菜が髪に良い3つの理由は?
根野菜は髪に良いって本当でしょうか? 根野菜というと、カブ、大根、じゃがいも、さつまいも、にんじん、ごぼう、れんこん、玉ねぎ、しょうがなどありますね。 一見、根野菜と髪はつながりがないように思われますが、実は髪の...

 

コメント