秋の抜け毛もう心配しないでください!7つの原因編

秋の抜け毛対策 ■髪の悩み

暑い夏が過ぎ、やっと涼しくなったと思う頃やってくるもの。

それは「抜け毛!」

秋は抜け毛が多くなる季節なのです。

ただ、皆が皆、秋にたくさん抜けるとは限りませんが・・・

秋の抜け毛対策

秋に抜け毛が多くなる7つの原因

本来抜け毛は一年中あり、抜け毛そのものは心配する必要はありません。髪のサイクルのひとつで一日80本~100本は抜けているといわれています。

ですが、秋といえど抜け毛が多いのは心配になりますね。

なぜ秋に抜け毛が多くなるのか調べてみました。

原因その1

犬や猫などのペットを飼っているとよくわかると思いますが、動物は春と秋に毛がごっそり生え変わります。

夏毛・冬毛といった、これから迎える季節に応じて毛が抜けたり生えたりします。

同じように人間も動物と生態が似ているため、春と秋に抜け毛が多いといわれているのです。

原因その2

夏の強烈な紫外線により、髪や頭皮は一年中で最も傷んでいます。

頭皮表面でいえば、皮脂の酸化によるフケかゆみ、毛穴がつまるなどのトラブル、頭皮内部では毛根に影響を与え、毛母細胞に栄養が行き届かなくなっている状態です。

これらは毛が生え変わる周期を乱れさせ、毛が生える期間が短くなったり、毛そのものが細くすぐに抜けてしまったりします。

また、紫外線による活性酸素の増えすぎが頭皮を老化させてしまうのです。

原因その3

暑い時、体は一生懸命抵抗しつづけています。そして睡眠不足も重なり疲れがたまってしまいます。

つまり暑い期間、体は常に戦闘モードのようにいつも気が張っている状態なので、疲れるのです。

しかし気候が和らぐと体も休戦状態となり緊張がほぐれていきます。

頭皮も同じく、それまで頑張っていた毛髪はしだいに緩み出します。その時、髪の毛は力尽きて徐々に去って行ってしまうのです。

秋の抜け毛

原因その4

夏はエアコンがなければ熱中症などの心配もでてきますが、一日中エアコンが入っている部屋にいるのも問題です。

エアコンは空気を乾燥させますから髪や頭皮も乾燥してしまうのです。その結果、乾燥した頭皮からは皮脂が出にくくなります。

皮脂の少ない頭皮は無防備になりますので、細菌などが繁殖しやすくもなります。

あまり汗をかかないのにフケ・かゆみがあるというときは、環境もチェックしてみてくださいね。

原因その5

食事が抜け毛に一番影響を与えていたかも知れません。

私の体験ですが数年前の秋に抜け毛が多かったときがありました。考えてみると思い当たる節があったのです。

・毎日黒酢を飲んでいました。

・コーヒーも同じく毎日飲んでいました。

・麦茶やアイスなど冷たい食品をほぼ摂っていました。

黒酢は血液サラサラなど健康のために良いものですが、酸性食品のため体が冷えます。コーヒーも酸性で体を冷やします。

しかも昼間はずっとエアコンのきいた部屋にいましたから、体の内側と外側の両方から冷やしてしまったのです。

冷えは新陳代謝を鈍らせ血行を悪くさせます。

それともう一つ、水分の摂り過ぎもあります。夕方必ずと言っていいほど足がむくんでいました。むくみはリンパの流れが悪くなることで起こりますから、代謝が上手く出来てなかったことになります。

原因その6

夏はついシャワーで済ませたりしていませんか?

シャワーは簡単ですけど体や髪のためにはNGです。お湯に浸かって体を温めることで、血行がよくなり代謝を促進します。

またリラックスできるので自律神経を整えるためにも効果的です。

体を休めるためにも夏こそお湯に浸かりましょう。

原因その7

良い汗をかいているでしょうか?汗のかき方が悪いと頭皮に影響を与えてしまいます。

良い汗には有酸素運動や入浴が良いとされています。良い汗はサラサラしてミネラルをあまり失わず蒸発が早く体温をさげてくれます。

逆に悪い汗は汗腺が少ないので限られた所からミネラルを大量に出し体が疲れてしまいます。

また、悪い汗はベタベタし雑菌も繁殖しやすく嫌な臭いがします。この汗が頭皮に多いとどうなるでしょう、ただでさえ髪は蒸し風呂と同じなので雑菌が増えることは間違いありません。

 

秋の抜け毛もう心配しないでください!抜け毛対策につづく

  

 

コメント