冬のフケかゆみにご用心!頭皮が乾燥してしまう原因と5つの対策

寒い季節のフケかゆみ ■髪の悩み

冬になると、頭がチクチクして、よけいに掻いてしまうことがありませんか?

 

そして気がつくと、何かパラパラした白い粉が。

 

これは頭皮の乾燥による、フケかゆみの症状です。

 

寒い季節は空気が乾燥していますから、頭皮が乾燥気味の場合は特に影響が出やすくなります。

 

こういう場合、真っ先に疑われるのがシャンプー。

 

もちろん一番にシャンプーが原因であることは否定できません。シャンプー選びが難しいのはご承知のとおりですから。

 

ただ、今まで長年使い続けてきても問題なかったのが急にトラブルとなると、他に原因があるものです。

 

原因がわかれば対処法もみつかります。何気ない行動が引き金になっていることがありますから、日常生活を振り返ってみてください。

頭皮の乾燥によるフケかゆみの原因はこれ!

人間の体はそう変わるものではありませんし、皆が皆、頭皮が乾燥しているわけでもありません。

 

しかし、季節や食事、体調、生活習慣などで自分では気づかないうちに体が変化していることがあるのです。

 

その変化の原因とは、何が影響しているのでしょうか。

 

●空気の乾燥

秋から冬は空気が乾燥している日が多くなる傾向にあります。

顔や手が以前より乾燥気味だなと感じている場合、頭皮も乾燥しているのです。

頭皮は髪に守られていますから乾燥している実感はありませんが、頭皮もお肌と同じですので乾燥していると思ってください。

●エアコン

加湿機能のないエアコンは湿度が低下し乾燥をまねきます。

その場合、加湿器やミストなど何らかの対策をしたほうが良いかもしれません。

ちなみに灯油やガスのストーブやファンヒーターは湿度が低下しないので乾燥を気にする必要はないです。

●お湯の温度

寒くなるとお風呂のお湯の温度も高く設定しがちです。

シャンプーのとき頭に熱いお湯をかけていると、髪と頭皮の脂気を一気に流してしまうことになり、頭皮の乾燥がさらにすすんでしまいます。

ちょっとぬるいかなというくらいの熱さでも、充分汚れは落ちるので大丈夫です。

●洗いすぎ

頭皮が乾燥しフケかゆみがでてくると、何度もゴシゴシ洗ってしまいますが、これが逆効果になり、よけいにフケかゆみに悩まされてしまいます。

皮脂の落とし過ぎで、皮膚のバリア機能が損なわれ、細胞と細胞をつなぐセラミドが減少、角質層の保水力も少なくなるといった、頭皮が無防備な状態をつくり出してしまうのです。

●シャンプー

乾燥肌の方はできるだけ髪や頭皮にやさしいものを選んでください。

そして、洗う頻度や回数も自分の頭皮の様子をみて変えてみると良いと思います。

時にはシャンプーを使わず、お湯だけで洗う湯シャンもありです。

●育毛剤

商品によって違いますが、一般的に育毛剤やトニックはアルコールが多く含まれています。

アルコールは皮脂の乾燥を促しますので、乾燥気味の方は使用しないほうが無難です。

もしなんらかを使用するのであれば、保湿効果のあるミストや化粧水などを選びましょう。

●すすぎ不足

シャンプーやトリートメント後のすすぎが足りないと、頭皮トラブルの原因になります。

すすぐとき髪の毛の表面をなでるのではなく、髪の中に手を入れ頭皮をなでるようにすすいでみてください。

●パーマ・カラー

パーマやカラーの後は薬液の影響で頭皮が乾燥し、フケかゆみの症状がでることもあります。

頭皮に異常があるときは、見合わせた方がいいでしょう。

また、一度アレルギー症状が出た場合は二度としてはいけません。症状がひどくなるばかりです。

頭皮の乾燥

●紫外線

寒い時期でも紫外線は髪や頭皮に降り注いでいます。紫外線は皮脂を酸化させフケかゆみの原因となります。

詳しくは ハゲにならないための髪と頭皮の紫外線対策 をご覧ください。

 

これ以外にも頭皮を乾燥させてしまう原因はあると思いますが、シャンプーするときのお湯の温度と洗いすぎのトラブルが特に多いのでくれぐれも気を付けてくださいね。

 

頭皮の乾燥を防ぐには?

まず自分の肌質を知っておくことが大切です。

その上でこれらを試してみてください。

1 低刺激のシャンプーを選ぶ。

2 シャンプーの前にブラッシングをする。

3 かゆいからといって、ゴシゴシ洗わない

4 お湯の温度はぬるめにする。

5 お湯だけで洗ったり洗う頻度や回数を変えて頭皮の様子を見てみる。

 

また、頭皮が乾燥しているからといって、間違っても濡れたまま放置することだけはしないように。雑菌が繁殖して頭皮トラブルを起こしてしまいます。

 

お風呂から上がったらすぐにドライヤーで乾かしましょう。

ドライヤーは強く当てる必要はありませんが、頭皮から先に乾かすようにしてください。

頭皮の乾燥まとめ

1、冬は空気が乾燥しやすい季節。頭皮が乾燥気味の場合は特に影響が出やすくなる。

2、頭皮の乾燥によるフケかゆみの原因は、空気の乾燥、エアコン、お湯の温度、洗いすぎ、シャンプー、育毛剤、すすぎ不足、パーマ・カラー、紫外線などで、お湯の温度と洗いすぎは特に多い。

3、頭皮の乾燥を防ぐには低刺激のシャンプーを使う、ブラッシングする、強く洗わない、お湯はぬるめ、お湯だけで洗う、洗う頻度や回数などで試してみる。

4、髪を洗った後はすぐに乾かす。

頭皮の乾燥を防ぐおすすめのシャンプーは?

新しく低刺激のシャンプーが出ました。

マイルドな洗い心地で敏感肌の方、髪や頭皮に悩みがある方に使ってほしいシャンプーです。

すすぎの時間が短くてすむという売りは本物で、泡切れは早く後を引きません。

 

●シャンプーは2種類

ANHナチュラルシャンプー」、「ANHナチュラルシャンプー スカルプタイプ

ANHナチュラルシャンプー    ANHナチュラルシャンプースカルプタイプ

※スカルプタイプはフケかゆみと頭皮を健康な状態へと導く植物エキスが配合されて、ちょっと高くなっています。

●トリートメント1種類

ANHナチュラルトリートメント

ANHナチュラルトリートメント

●シャンプー・トリートメントセット

ANHナチュラルシャンプー・トリートメント

ANHナチュラルシャンプー・トリートメント

 

 

 

コメント